愛される恋愛とは?

愛される恋愛ルールの基本的な流れについて解説しています。

出会いを増やす&見た目を変える

出会う人全員を虜にする対応(思わせぶり、同時並行OK、モテを経験)

誘われたらとりあえずカフェ

ニコニコして話を聞く&謙遜する

さらにいいなと思ったら、謙遜とは裏腹にお姫様扱いしてもらい相手にコストをかけてもらう

告白されたら他に迷っている人がいるから待ってほしいと焦らす

付き合ったあともひたすらコストをかけてもらう

お姫様扱いしてくれるパートナーの完成

 

とにかく人は好きだからコスト(お金や時間)をかけるのではなく、コストを掛けたから相手のことが好きなんだと錯覚し、そう思い込もうとします。

 

これはサンクコストという心理学では有名な考え方で、毎月払い続けている保険を辞める人はめったにいませんよね。これは今まで払った分が無駄になってしまうという心理が働くからです。

そのためこの保険は必要なものなんだ!と思うための材料を集め、誰かに否定されるとイライラしてしまいます。

 

有名な吊橋効果だって同じです。

吊橋を渡るスリルでドキドキしているのを、「この人と一緒にいるからドキドキしたんじゃないか」って勘違いしてしまうことを利用した効果で、行動が考えに影響を与えるものの1つです。

 

他にもいろいろあるのですが、大まかな流れとしてはこちらになります。

本当に愛されるパートナーを見つけたいのであれば、同時並行で色んな人とデートするのは鉄則です。

たった1人としか関わらずして、その人がいいかどうかもわからないし、相手から見た自分の価値もどんどん下がってしまいます。(すでにそのパートナーに溺愛されてるのなら問題ないですが、そのような方はこのサイトを見ていないと思うので念の為)