親が望む結婚相手を見つけようとしていない?文武両道の医大生と付き合って失敗した話。

親の言うことに悩まされている女性は多い

あなたは幼少期からいい子でしたか?真面目で勉強も頑張って、親の言うことをよく聞いて育ってきましたか?もしかしたらそんなあなたには今日の記事は刺さるかもしれません。

わたしもそんな人間の1人でした。社会人になっても実家から出ることを許されず、結婚してようやく家から出てやっと自由になれた身です。もちろん育ててもらったことには感謝しています。

が、親とあなたは別の人間。親の言うことは聞かなくてもいいのですよ。だって別の人間だから、好きなこともやりたいこと、こうなりたいなあってのも違うのだから。

きっと親心で良いことをしようと言ってきてくれてるんだろうけども、ゴールが違う人の言うことを聞いても意味がないよね、何より時代も違うわけで。。。

 

親の望みと引き換えに、数十年苦しみ続けるのはコスパ悪い

婚活や恋愛で悩む女性の多く、特に高学歴の女性ほど親が受け入れてくれるような結婚相手を見つけなければいけない、と無意識に感じているというデータがあります。

Twitterの婚活界隈でもさ、優良物件を見つけるのに躍起になっている人たちが多いけど、彼女たちは本当に思っているのかな?とさえ感じてしまう。そういう条件の中から選ばなければいけない病にかかっているんじゃないかなって。

 

例えば自分よりも学歴が高く、高収入、都会で生まれ育った、親の職業などなど。こういう人を選びなさい、とはっきりとは言われてはないけれど、「もし紹介するときに怒らないかなあ。。。」と気弱になってしまうのは超わかるよ!!!!

 

でもさあ・・・もちろん親のタイプじゃなければ(例えば学歴めっちゃ悪いとか、嫌いな職業とか、国籍違うとか)怒られるってのはわかるよ。でもそんな親ならもう嫌われて最悪絶縁したほうが好都合じゃないか?笑

絶縁はいいすぎかもしれんけど、親に怒られないがために自分の基準で選んでない結婚相手と、数十年も一緒に暮らすってのはちょっとコスパ悪すぎると思う。

 

数十年暮らして子どももつくるとかさすがに苦痛でしかないでしょ・・・あのとき親じゃなくて自分の基準で選んでたらなーなんてなにかある度に思ってしまうのも悲しい。

なによりもそうやって結婚したら親を一生恨み続けるんだよなあ。いくら話をわかってくれない親でも結婚したり付き合ったあとに、あなたが楽しそうにしてるの見たら人の幸せをつぶしてまで反対してくることはないでしょう^^

 

医大生と付き合って失敗した話。

今でさえこんなブログ書いてるわたしだけど、大学から社会人にかけて長く付き合ってた人がいた。でもそれはまさに母親の理想像のような人だった。

私立の医大生で、高校では全統模試で全国1位、中学もとある陸上競技で全国大会に出たことがあるという文武両道な人だった。顔はイケメンとは言えないかな?笑(その頃のわたしはケメンアレルギーがあったww)

それで彼がイケメンだったら絶対付き合えることはなかっただろう・・・笑

 

付き合った当初わたしは高級ブランドを手にしたような気分だったし、親も喜んでくれたし応援してくれていた。わたしが就活も受験も失敗していたから、それを埋めるような存在が欲しかったというのは否めなくて、相手にも申し訳ないことをしていたと思う。

今では会社設立から3年が経って思うけど、結局自分が変わらんとなにも変わらんのよ、、誰かに幸せにしてもらおうとか養ってもらおうって、それ相応の価値を与えてるならまだしも。

 

もちろん勉強やスポーツを頑張っている人がカッコよく見えたり、好きになるのは悪いことではない。でも条件付きの好きっていうのは何か合っても自分に言い聞かせていたり、この人を逃したらもうこれ以上いい物件と付き合うチャンスなんかないでって自分で思ってしまってた。

だから多少嫌なことがあっても伝えることができなかったり、下手に出るようになって、やがて同じ医学部の女の子と付き合うことになったからと振られた・・・笑(そして事後報告かい!w)

 

条件や親が喜んでくれそうって理由で付き合うと後で絶対悩むことになる。

わたしはさっきも書いたように「これほどの優良物件にはもう出会えない」という勝手な思いこみから、そのとき告白してくれた人たちも全員ふってしまった・・・変に一途でいたがためにあらゆるチャンスを逃してしまってたのだった。

だからどうか自分がどうなりたいのか?過去の私用に相手を利用して自分に足りないものを埋めようとしていないか、これをよく考えてみてほしい。

 

毎日5名限定で恋愛相談・質問受け付けてます!

ひなみとLINEでお友達になりませんか?

毎朝8時から、先着5名さまの恋愛相談をお返事してます!悩んでいること、あなたの状況についてお送りください。

先着に間に合わなくても、あなたの相談内容がサイト記事としてアップされるかも!?